今回ご紹介するのは兵庫県市川市にふるさと納税の寄付をすることでいただける「但馬牛経産牛」です!
tajimagyu_intro
(画像はあくまでイメージです。引用元:http://www.ja-tajima.or.jp/tajimaushi/)

みなさん但馬牛はご存知ですか?

全国に有名なお肉はたくさんありますよね?「神戸牛」「松坂牛」「近江牛」などなど。
これらの牛肉は生まれた時は何牛だったかご存知ですか?

じつは全国で有名なブランド牛のほとんどが生まれた時は但馬牛だったんですよ!

といいますのも、牛肉は生まれた地域の名前がつくのではなく、育てられた地域でブランド化されています。
生まれた時は但馬牛でしたが、神戸で育てられれば「神戸牛」というように、育てられた地域でブランド名が変わってきます。
もちろん、その地域で独自の育てかたをすることで味は違ってきます。

で何が言いたいのかといいますと、全国的に有名なブランド牛が美味しいということは、但馬牛自体が美味しく育つ素質を持っている牛肉ということですよね?

じゃあ、但馬牛をそのまま育てることでも美味しくならないはずがないですよね

ここまでは「但馬牛」について説明させていただきましたが、今回ご紹介するふるさと納税の特産品は「但馬牛」であり「経産牛」です。

ということで次は「経産牛」についての説明にお付き合い下さい(笑)

「経産牛」とは漢字を見ていただくと何となくおわかりのかたもいらっしゃるかもしれません。
「経産牛」とは「お産」を経験した牛のことを言います。逆に「未経産牛」とはお産を経験していない牛です。

一般的には未経産牛、つまりお産を経験していない牛が肉質が良く価値の高いお肉とされています。
基本的に「松坂牛」「神戸牛」「近江牛」と呼ばれる高級ブランド牛には、経産牛は使用されません。

お産を経験した牛ですと、どうしても肉質が硬くなってしまうようなんです。
お肉の柔らかさを美味しさの1つとして考えがちな私達日本人にとっては、経産牛の肉質の硬さは「美味しいお肉」の定義から少しずれてしまいます。

じゃあ、今回はなんで経産牛をオススメするのかと言いますと、肉質の硬さを除けば、経産牛にはメリットもたくさんあるからなんです!

経産牛にはアミノ酸の一種のカルチニンを多く含んでおり、脂肪燃焼効果があるので食べても太りにくいといわれています。

それに経産牛のほうが未経産牛よりも、味わいが深くなる特徴があります。
肉本来の味を深く感じることができるので、肉の柔らかさを重視するのではなく、肉本来の味を重視するかたにはオススメです!

人によっては未経産牛よりも経産牛のほうが美味しいと考えているかたもたくさんいるようですよ!
(ネットで調べた感じでは 笑)

近年はヘルシー志向のかたもたくさんいらっしゃるので、そういったかたにもオススメのお肉です!


今回ご紹介した「但馬牛経産牛」は兵庫県市川市にふるさと納税の寄付をすることでいただけます。

特産品は寄付額によっていくつかありますので、簡単にご紹介させていただきます。

10,000円のふるさと納税では

いちかわ精肉店「すき焼き用(肩・モモ)500g」 (特産品の詳細はこちら)
いちかわ精肉店「焼肉用(肩・モモ)500g」 (特産品の詳細はこちら)
いちかわ精肉店「タン 500g」 (特産品の詳細はこちら)


20
,000円のふるさと納税では

いちかわ精肉店「サーロインステーキ」200g×3 (特産品の詳細はこちら)

50
,000円のふるさと納税では

いちかわ精肉店「まんぷくAセット」
サーロンインステーキ200g×3 
ヘレステーキ
200g×3
焼き肉用(肩・モモ)400g
(特産品の詳細はこちら)

また上記以外にも、ふるさと納税寄付サイト「ふるさとチョイス」さんのみの限定商品などもごさいますので、興味を持たれたかたは1度、市川市の特産品をご覧になってはいかがでしょうか?