みなさんは梅干しはお好きですか?

梅干しといえば「酸っぱい食べ物」の代表みたいなものなので(笑)、好き嫌いがはっきりわかれる食べ物の1つかと思います。

私個人としましては、昔から祖母が漬けた梅干しを食べていたのですが、「酸っぱい食べ物」というイメージしかなかったので、それほど美味しい食べ物とは思ったことがありませんでした。

ただ、酸っぱいからといって嫌いというわけではありませんでした。
が、好きというわけでもありませんでしたが(笑)

「健康に良い」というイメージもあり食べることに抵抗はないのですが、進んで「食べたい!」と思うこともない食べ物。

私の中では梅干しとはそんな存在だったのですが、今回ご紹介させていただく紀伊国屋右左衛門本舗さんが販売している「はちみつ梅干し」をはじめとする4種類の梅干しを食べて思ったのが、「梅干しって、こんなに美味しいものもあるのか!」ということです。

今までは好きでも嫌いでもなかった梅干しを、好きと思わせてくれた紀伊国屋右左衛門本舗さんの「梅干し」を今回は紹介させていただきます!
IMG_1738 (1)
今回ご紹介させていただくのは、紀伊国屋右左衛門本舗さんが販売している、大手ネット通販(ヤフーショッピング)でも高評価、大人気の梅干し4種類!
「甘口田舎梅干」「甘口しそ梅干」「しそかつお梅干」「はちみつ梅干」の4種類です。
IMG_1739 (1)

ではさっそく紀伊国屋右左衛門本舗さんの梅干の特徴から。

紀伊国屋右左衛門本舗さんの梅干しは全て、日本一の梅と言われている厳選された紀州南高梅が使用されています。

(ちなみに南高梅の特徴としましては、皮がうすく、種が小さく、果肉がやわらかいのが特徴で、梅干しはもちろんのこと、梅酒、お菓子、梅ジュースなどなど、様々な商品に使用されています。)

今回ご紹介させていただく4種類の梅干し、「甘口田舎梅干」「甘口しそ梅干」「しそかつお梅干」「はちみつ梅干」は、4種類とも梅干し本来の美味しさが残るギリギリまで減塩されています。
(一般的には塩分10〜14%で梅干をつけているお店が多いのですが、こちらの梅干は塩分8%におさえられています!)

「甘口田舎梅干」は梅の風味を豊かに感じられつつ、甘口の仕上がりに。
(特産品の詳細はこちら)
「甘口しそ梅干」はしその風味を豊かに感じられつつ、甘口の仕上がりに。
(特産品の詳細はこちら)
「しそかつお梅干」はかつお節の旨味としその持つ爽やかな香りを感じられる仕上がりに。
(特産品の詳細はこちら)
「はちみつ梅干」は梅の風味を豊かに感じられつつ、はちみつを加えた甘口の仕上がりに。
(特産品の詳細はこちら)

ふるさと納税では4種類ともに和歌山県湯浅町に10,000円の寄付をすることでいただけます。

4種類ともに1kg、大きさは2Lもしくは3Lのどちらかを選べます。
(2Lサイズの場合は60粒ほどいただけることになるかと思われます。)

じつは私が紀伊国屋右左衛門本舗さんの梅干しを知ったのは、大手ネットショッピングサイトである「ヤフーショッピング」さんをたまたまのぞいていたら、たまたま梅干し4種類が1,000円のお試し価格で販売されているのを見つけ、たまたまTポイントが1,000ポイントあまっていたから、試しに買ってみるか!という感じで、たまたま購入したのがきっかけです(笑)

まぁ、以前から「はちみつ梅干し」という食べやすい梅干しがあることはテレビやネットの情報で知っていたので、1度ぐらいは食べてみたいなとは思ってはいましたが。

しかし、これほど私が今まで食べていた梅干しと違いがあるとは思っていませんでした。

まずは見た目が全然違います。

私が今まで食べていたタイプの梅干しは、みなさんもよく食べているであろう、普段よくコンビニやスーパーなどで販売されているお弁当のご飯の上に乗っている、小粒のシワシワのタイプの梅干し(笑)

おそらくお弁当のご飯に乗っている梅干しと比べると、3倍〜4倍ほど大きい梅干しです。

しかも果肉がシワシワではなく、ふっくらしています。

また、誰もが梅干しを見ただけで反射的に口の中に唾液が溢れてしまうとは思いますが、この梅干しを見た時に起こったのは、いつもとは違い「犬がエサを前にした時の口の中」と同じような状態になることです。

つまり、酸っぱさで反射的に唾液が溢れてきたのではなく、美味しそうな食べ物を見て反射的に唾液が溢れてくるほうの現象が起きたんです!(自分だけだろうか? 笑)

梅干しが私のものに届いたのが夕方ぐらいで、もちろんご飯はまだ数時間後です。

犬が「待て!」と言われている時の口の中と同じようの状態で、ご飯が炊き上がる時間まで待たなければなりませんでした

そして数時間後、ついに夕食の時間になり梅干しを味見できることに!

どの味から食べようかと迷いましたが、やっぱり最初はノーマルの「甘口田舎梅干」から食べることに。
IMG_1743

いや〜、犬の口と同じ状態で数時間待ったかいがありましたよ!
見た目から美味しそうなことは私の脳が感じていたようですが(犬の口になってしまうほど)、食べると想像通り美味しい梅干しでした!

酸っぱさ(しょっぱさ)がなくはないのですが、気になるほどではなくむしろ美味しく感じる最適な塩加減!

味がまろやかで、旨味も感じ、すごく美味しい梅干しです!
梅干し1粒が大きいので、1粒でご飯茶碗半分ぐらいご飯を食べてしまいました

味がまろやかなので、酸っぱい食べ物が苦手な人でも美味しく食べれる梅干しだと思います!
(甘口田舎梅干の特産品はこちら)

他の3種類も同様で、すごく味がまろやかで食べやすく、全て美味しい梅干しでした!

「甘口しそ梅干」はしその味がほどよく、しそと梅がよくマッチしていて美味しかったです。
IMG_1745 (1)
(甘口しそ梅干の特産品はこちら)

「しそかつお梅干」は、「甘口しそ梅干」にさらにカツオが加わり、よりご飯がすすんでしまう梅干になっております。
IMG_1747 
梅としその味が染み込んだカツオだけでも美味しいので、これだけでもご飯がどんどんすすみます
(梅干にまとわりついているのが「しそかつお」です 笑)
IMG_1757 (1)
(しそかつお梅干の特産品はこちら)

そして4種類の中で1番人気なのが「はちみつ梅干」だそうです。
IMG_1751 (1)
最初食べた時は、 「甘口田舎梅干」とほとんど同じ味かな?と思ったのですが、2つを食べ比べてみると、「甘口田舎梅干」をより食べやすく、よりまろやかにしたものが「はちみつ梅干」だなと感じました。
(はちみつ梅干しの詳細はこちら)

てっきり「はちみつの味がけっこうするのかな?」と思っていましたが、そういうわけではなく、はちみつは梅干をまろやかに、絶妙な食べやすい甘さに仕上げるための役割をはたしてくれているようでした!
(もちろん、こちらも美味しい!)


個人的には「甘口田舎梅干」「はちみつ梅干」の2つと「甘口しそ梅干」「しそかつお梅干」の2つが同じ系統かなと思いました。

ふるさと納税では10,000円の寄付で1種類1kgがいただけますので、ノーマルタイプが食べたいかたには「甘口田舎梅干」「はちみつ梅干」のどちらかを、ちょっとアレンジしたタイプが食べたいかたには「甘口しそ梅干」「しそかつお梅干」のどちらかをオススメしたいと思います! 

では評価です。

 和歌山県湯浅町「はちみつ梅干し 他3種類」 ★★★★★★☆


私の家族もみな美味しいと絶賛していましたので、ぜひ皆様にもオススメしたいと思います!
(犬の口になったのは私だけでしたが 笑)